加奈陀食堂

   

   三十路半ば過ぎのオヤジによる、キッチンにおけるある種の高揚感を表現するカナディアン・オヤジ・キュイジーヌ・ブログ
   コメント残してくれると小躍りして喜びます

スポンサーサイト

2012.03.26 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    Red Wine Stewed Beef

    2011.11.19 Saturday 13:35
    0

      最近になって出た一つの結論。

      『こっちの牛肉は焼くより煮た方が美味しい』

      こっちのステーキ肉ってそれはもう見事な赤身でございまして。
      美味しいのは美味しいんだけどなんか日本のステーキってのとは違うんだよなー。

      で、思ったのが煮るって事。
      考えてみりゃ当たり前なんだけど。
      ビーフシチューなんて洋食の定番っちゃ定番なので。

      本格的なビーフシチューはメンドクサイのでてっとりばやく赤ワイン煮。

      なんともオサレな雰囲気だけど、カレー作るのとそんなに変わらないよね。
      いや、むしろルウを溶かさない分カレーよりお手軽か?

      とりあえず特売のステーキ肉500gで4ドルってのを買ってきて、余り物の赤ワインと余り物の瓶詰めトマトソースで芽キャベツとマッシュルームと一緒に3時間煮てみました。
      うまし。
      とてもうまし。
      Main Dish | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      2012.03.26 Monday 13:35
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        エンラク様
        こんにちわ〜

        すごいおいしそうですぅ。。。。
        こういった器に盛ると、又一段と素敵になりますね♪
        似たような器様持ってます、、、早速真似っこさせていただきます♪
        あっちなみに、、、100キンのですけど(笑)

        500gで4ドルって、、、、魅力的なお値段です。。。
        | etu | 2011/11/19 2:22 PM |
        エンラクさん こんばんは

        良く煮込まれたひと皿。おいしそうだわ。
        肉食女子のマベとしてはサイズと価格が魅力的ですね。w
        日本の肉は脂のウマさを堪能するものですかね。

        ヨーロッパの方では、良く言えばワイルドな香り(臭み・クセの強い)の肉を
        好む方が多いようですが、カナダはどうですか?

        ↓ アイス。バケツサイズを抱えて大人具い!! 
        した〜〜〜〜い!! 爆笑
        | マベリーノ | 2011/11/21 12:56 AM |
        >etuさん

        ウチのも安いですよ?
        こっちは100均ならぬ、99セントショップってのがありまして。
        そこで買ったので実はコレ99セント。
        裏にMade in indiaって書いてあったので本来はカレー皿かな??
        | エンラク@管理人 | 2011/11/21 6:06 AM |
        >マベリーノさん

        うーん、こっちはそこまでワイルドではないかなー。

        スーパーに並んでる肉はだいたい5種類。
        ビーフ、ポーク、チキン、ラム、ターキー。

        それに大量多種のソーセージやハムなどの加工品です。
        だからそこまで癖のある食材はみかけないです。
        畜産もさかんなんでホントにビーフとか安くて美味しいんですけどね〜。

        熊本出身の僕としては馬刺とか手に入るなら食べたいもんなんですが。
        | エンラク@管理人 | 2011/11/21 6:10 AM |

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://c-syokudou.jugem.jp/trackback/41

        トラックバック